広告を入れる??

本格手打 麺の蔵 【2017年4月29日OPEN】

西讃のうどん屋さん

3,192views

善通寺市与北町に4月29日にオープンした「本格手打 麺の蔵」さんに当日に行ってきました!

場所は善通寺から北に伸びる22号線と、西から琴平方面へ向かう4号線が交わる交差点の付近にあります。有名なスイーツ店の「もりん」がある交差点で、ぶっかけうどんで有名な「山下うどん」の少し手前です。昔からのうどん好きの人には移転前の山下うどんがあったとこらへんで判るかもしれません。

 

さらになんとオープンから2日間は「全品半額」との情報も聞きつけ、筆者は普段食べない天ぷら系とか食べようと向かいました。セコイ人間です(;^ω^)さてオープン当日の12時過ぎというまさにピークな時間に行くという自殺行為だったんですがお客さんは・・・いっぱいの行列です!駐車場はギリセーフ。

 

それでは入店します。

 

お店の形態は一般店になります。新規のお店でセルフじゃないのも久しぶりかも。

本当は席に座って注文をするのでしょうが、この日は満員のためメニューがあるところのカウンターまで列に並び注文しました。

 

メニューはこちら

今回は「とり天ざる」(小)を注文しました。

さらに席にあるメニュー表は裏側もまだありますよ。

 

 

軽く店内の紹介をしますと、子供用の食器もあります。

 

おでんも当然あります。割と出汁の色が薄め?

 

おにぎりは棚に飾られているお供え物みたいにあります(笑)

 

やけに最新のお茶のサーバーも珍しかったです。初めてみた。

この冷たいほうじ茶がめっちゃ美味しかった!

 

席はテーブル席をメインに座敷席、少しだけカウンター席もあります。

 

それではこちらが「とり天ざる」(小)670円です!

 

麺は中細麺でツヤツヤしてます(^◇^)手打ち感がすごく良く分かる!ほどよいバラバラとした切り方になっています。

 

冷たいうどんならではのキュっと締まったざるにピッタリのコシの強い麺に仕上がっていてあっという間に完食しました。

ざるうどんをめったに食べない筆者なのですが、温かい日だったこともあり久しぶりに食べると良いものですねえ(*´▽`*)。

まだまだ自分が慣れない点としては、「冷たいつけ出汁」について経験値が低すぎてあまり違いがわかりません(苦笑)。今回のもちょっと薄めかな・・もっと濃い方が好きかもぐらいしか言えない・・。

今度は温かいうどんも食べてみようと思います。

 

 

大きなとり天は5個も乗っています。

お店の人が先に「天ぷら結構多いですよ」と言ってくれた通りでした。

こういうのって先に食べた方がいいものなんですかね?2つほど後半に取っておいたら、ざるうどんの水分を衣が吸ってしまったんです(;^ω^)。とんだ「天ざるビギナー」っぷりでした。

 

 

それでもお腹一杯大満足!ごちそうさまです。うどんも1種類しか食べれていませんが麺については新店でもバッチリです。

 

ただ手打ちなのと開店直後のこともあり、オペレーションはまだまだ慣れなく大変そうでした。時間がかかってしまうかもしれませんのでご理解のほどよろしくお願いします。

 

 

ちなみにこれが冒頭の「開店から2日間はなんと全品半額!」のチラシ。

このサイトを見てくれた方々が行くころには終わってますが(>_<)

 

 

改めて新規オープンおめでとうございます!

善通寺の東の方から琴平に行く道はそんなに飲食店もありませんし個人的にも嬉しい!お近くのみなさんもぜひ行ってみてください。

 

 

お店の基本情報

住所 
営業時間 平日09:00~15:00 土日祝07:00~16:00
定休日 木曜日
TEL 0877-78-3308
駐車場 20台ほど

 

Comments

  • >中讃地区讃岐うどん研究会さん
    食べ〇グでも酷評ばかりでしたね・・。慣れてくれば改善されるかも?としか言えませんが。

    • うどん紀行の中の人 さんより
    • 2017/5/8 2:54 PM
  • 行きましたよ。とり天揚げたてと言っておきながら揚げおきしたものを二度揚げして温めただけ。盛り付けしてだしの中に天ぷらを入れているにもかかわらず、なかなか持ってこないので天ぷらがだしに浸ってしまって全くサクサク感なし。冷たいうどんにしても、氷水で冷やしまくってコシを出したようにみせるシロウトだましな麺。久しぶりに大ハズレなうどん屋でした。

    • 中讃地区讃岐うどん研究会 さんより
    • 2017/5/7 3:01 PM

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題がなければ、「コメントを送信」ボタンを押してください。

【メールアドレスが公開されることはありません。】